名古屋港水族館公式ホームページの「海の仲間たち」ページです。

文字
サイズ

海の仲間たち

南館

赤道の海【オオシャコガイ】

学名 Tridacna gigas
英名 Giant clam

栄養の摂り方が実にユニーク

この世界最大の二枚貝は実にユニークな栄養の摂り方をしています。

普通アサリなどの二枚貝は水中のプランクトンなどの有機物をエラで濾しとって食べていますが、オオシャコガイはそれ以外にも栄養を摂る方法を獲得しています。それは体内に植物工場を持っていることです。貝殻の縁を覆っている外套膜といわれる部分の内部に微小な藻類を住まわせており、この藻類=共生藻が光を受け光合成を行って出来た養分をもらっているのです。オオシャコガイの外套膜の茶色い色はこの共生藻の色が透けて見えるものなのです。

殻は刺激を受けて段階的に閉じる

ちなみによく聞かれることでオオシャコガイに手足を挟まれると抜けなくなるといわれます。確かに閉じることは閉じるのですがいっきに閉じきることはなく刺激を受ける度に段階的に閉じるので、よほどノンビリとしていない限り挟まれて取れなくなることはまずありません。

西部太平洋域に分布しており殻長1m以上、重さ数百kgにもなります。日本ではここ名古屋港水族館でしか見られません。

 

※ご来館時に展示していない場合もあります

緊急情報

水族館 7月13日(月)から入館に事前予約が必要となります!
・事前予約は入館予定日1週間前から可能です。
・7月12日(日)まで混雑状況により、入館制限を行う場合があります。

名古屋港水族館、クラウドファンディングはじめました
水族館の生き物を支えるご支援を!

水族館・ポートビル・ふじ・JETTY
新型コロナウイルス対策として、入場時の検温(37.5度以上の方の入館お断り)、マスク着用などをお願いしています。詳しくは各施設の新型コロナウイルス対策をご覧ください。