ニュース
2022.03.15

季節展「サクラニシキのお花見水槽」を開催します

名古屋港水族館では、花見の季節にあわせて「サクラ」の名が付く金魚「サクラニシキ」を展示します。春にふさわしい優しい色、愛らしく動き回る春の主役の生き物たちをご覧になって、うららかな春の始まりを満喫してください。

1 展示期間  令和4年3月19日(土)~4月10日(日)

2 展示場所  南館2階 エントランス

サクラニシキ

サクラニシキは背びれがなく、更紗と呼ばれる赤と白のまだら模様で、鱗が重なった部分が桜色に見えます。きらきらと光る光沢鱗も特徴です。

サクラニシキは愛知県弥富市の深見氏がランチュウとエドニシキを交配させたことからはじまり、さらにその仔にランチュウを交配させるなどして、平成8年に新しい品種として認められました。