ニュース
その他
2020.07.01

名古屋港水族館での新型コロナウイルス感染対策について

ご来館のお客様へのお願い

・館内では必ずマスクをご着用ください。
・咳や熱などの症状があり、具合の悪い方は、ご来館をお控えください。
・入館時に、サーモグラフィーカメラにより検温しますので、体温が37.5℃以上のお客様は入館をお断りさせていただきます。
・入館時に手指の消毒足元の消毒(消毒マット)をお願いします。
・混雑状況により、入館制限を行う場合があります。
・館内では、お客様同士、一定の間隔を保ってご観覧ください。
・咳やくしゃみをされる際の「咳エチケット」やこまめな手洗いにご協力ください。
・ご来館中に体調が悪くなった場合は、スタッフにお申し出ください。
・館内の洋式トイレは、蓋のあるものは閉めて流していただきますようご協力をお願いします。
・「密」になりやすいエレベーターは、車いす、ベビーカー、足の不自由な方にお譲りください。
・年間パスポートの新規購入時、更新時の写真撮影は、当面の間、行いません。お手数ですが、お客様ご自身で写真をご用意いただき、次回来館時までに添付をお願いします。
・長時間のご観覧は密集・密接の要因になる恐れがありますので、ご配慮をお願いいたします。
後日、新型コロナウィルスに感染した方の来館が判明した場合、ホームページでお知らせします。

館内での感染防止対策

換気の強化

・空気の入れ替えを促すために、出入口の常時開放のほか、通常は閉鎖している非常扉・換気窓の一部の開放、空調設備の効果的稼働により館内の換気強化を図っています。なお、より安心してご観覧いただくために、館内13箇所に空気清浄機を設置しています。

清掃・消毒の強化

・館内各所に消毒液を配置しています。
・入口に靴裏消毒マットを設置しています。
・エレベーターのボタンやエスカレーターや階段の手すり、ドアノブなどは定期的な消毒を行っています。>

イベントについて

・イルカパフォーマンスとシャチ公開トレーニングを除く一部のイベントを休止しています。

休止イベント

○屋外イベント
1.ペンギンよちよちウォーク

○屋内イベント
1.ベルーガ公開トレーニング
2.ベルーガのふしぎな魚の食べ方
3.フィーディングタイム(ごまちゃんデッキ・黒潮大水槽・ペンギン水槽・ウミガメ回遊水槽)
4.マイワシのトルネード
5.ダイバーコミュニケーション
6.ペンギンコミュニケーション
7.ペンギンミニ講座

観覧エリア・サービスの一部休止

・「密接」度の高い一部コーナーを休止しています。
○休止コーナー
1.タッチタンク(磯の生き物ふれあいコーナー)【南館】
2.シネマ館【南館】
3.ペンギン情報コーナー(一部)【南館】

○休止サービス
1.音声ガイド機器貸出(スマートフォン向けアプリをご利用ください。)

スタッフ・お客様間の感染防止対策

・出勤前の検温によるスタッフの体調チェックを徹底します。
・スタッフのマスク着用や手洗・手指の消毒による感染予防を徹底します。
・団体受付、総合案内、改札にビニールカーテンを設置します。

各商業施設の対策

(1)ミュージアムショップ

レジに透明シートを張る、レジの間隔を広げる、待ち列の管理を行う、金銭授受にトレイを使用するほか、スタッフのマスク着用、消毒液の配置、カゴの定期消毒などを行っています。

(2)レストラン・カフェテリア

レジに透明シートを張る、客席を間引き間隔を広げる、テーブル演出の自粛、金銭授受にトレイを使用するほか、スタッフのマスク着用、店内の定期的な消毒などを行っています。

(3)シャチスタジオ

北館2階シャチスタジオは6月9日から営業再開します。
以前行っていたシャッターサービス(お客様のカメラをお預かりして撮影)は当面の間行いません。
代わりにフォトカード(ペンギンスタジオで配布していたもの)を配布します。

(4)ペンギンスタジオ

南館3階ペンギンスタジオは当面の間休止します。

(5)真珠取り出し体験

席数を減らし間隔を広げる、スタッフとお客様との距離を広げる、透明シートを張る、動画による説明を取り入れるなどの対策を行います。

(6)スタジアム等の売店

金銭授受にトレイを使用するほか、スタッフのマスク着用、定期的な消毒などを行っています。

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関する不確かな情報に惑わされて、人権侵害につながることのないよう、国や自治体が提供している正しい情報に基づき、冷静な行動をお願いします。詳しくは 愛知県のホームページをご覧ください。