募集中
2023.01.12

令和4年度 名古屋港水族館共同研究講演会 参加者募集のお知らせ

水族館で三重大学の研究授業を受けてみませんか

-採る・運ぶ・飼う・研究する- 大学と水族館による共同研究のリアル
~巨大アオリイカ「レッドモンスター」の飼育~

日本の沿岸には見た目や分布域が異なる3種類のアオリイカがいます。日頃、魚売り場で見かけるのは“シロイカ”がほとんどですが、南西諸島の深場には体重が6 kgにもなる「レッドモンスター」と呼ばれるイカがいます。離島の重要な水産物であるこのイカの資源量を増やすために、地元の漁師たちは水深50 mほどの深さに人工産卵礁を設置していますが、そこの水温が孵化に適切かどうかわかっていませんでした。関係する人たちからの強い要望を受け、種子島沖で採った新鮮な卵を名古屋まで運び飼育実験を行いました。アオリイカ3種の生態の違いや生物学、そして大学と水族館による共同研究のリアルをご紹介します。

参加ご希望の方は、下記募集要項をお読みの上、応募フォームよりお申込ください。

令和4年度共同研究講演会ポスター【PDF】

募集要項

開催日時

令和5年3月4日(土)14:00~15:00(受付 13:30~13:55)

会場

名古屋港水族館 南館 シネマ館

講演者


宮﨑 多惠子(みやざき たえこ)博士(水産学)
三重大学大学院生物資源学研究科 准教授

■略歴

1993~1994年 東京水産大学 助手(第35次南極地域観測隊員として)
1995~1997年 東京大学海洋研究所COE研究員
1997~2000年 放射線医学総合研究所 研究員
2000~2001年 放射線医学総合研究所 主任研究官
2002~2003年 三重大学生物資源学部 助手
2003年 三重大学生物資源学部 講師
2003年~現在 三重大学大学院生物資源学研究科 准教授

■専門
魚類の視覚生理学・行動生理学、海洋生物環境学

対象・定員

【対象】中学生以上
【定員】先着120名(事前申し込みが必要)

※途中参加や、早退はできませんのでご注意ください。
※録音・写真撮影・ビデオ撮影はご遠慮ください。
※小学生以下のお子様を連れてのご参加はできません。

参加費

無料(水族館への入館料は必要です)

水族館の入館料:大人・高校生2,030円  中学生1,010円
※年間パスポートによる代用は可能です。

応募方法

応募フォームよりお申込みください。応募は1グループ5名までとさせていただきます。
※申し込みの先着順により参加者を決定いたします。

※Googleフォームへと飛びます

※結果につきましては、必ずメールでお知らせいたします。ご応募された日から7日間たっても連絡がない場合は電話でお問い合わせください。
※講演会お申込み以外のご用件への対応は致しかねます。ご了承ください。

応募締切

令和5年2月20日(月)
※ただし定員になり次第募集を締め切らせていただきます。

個人情報について

ご応募された方の個人情報は厳重に管理し、当講演会以外には使用いたしません。また、第三者に開示・提供することはありません。

※講演会中、内部資料やホームページ掲載等のために写真を撮影させていただきます。掲載を希望されない方はお申し出ください。
※開催当日に、テレビ・新聞の取材が入る場合があります。予めご了承ください。

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染の防止対策を行い実施いたします(名古屋港水族館の感染症対策についてはこちらから)。

●新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、状況により募集や開催を急遽中止することがあります。
●ご参加の際は、事前にお住いの自治体の要請内容(移動自粛など)をご確認いただき、各自で参加の可否についてもご検討いただきますようお願い申し上げます。
●風邪のような症状(体調不良や発熱・咳など)がある場合は参加をお控えください。
●参加の際はマスクの着用・手洗いや手指の消毒にご協力をお願いします。
●感染予防対策についてご質問がある場合は、お問い合わせ先まで電話でご連絡ください。

お問い合わせ先

公益財団法人 名古屋みなと振興財団
名古屋港水族館 飼育展示部 海洋生物研究センター:052-654-7080

 


【主催】公益財団法人 名古屋みなと振興財団 名古屋港水族館
【共催】三重大学大学院生物資源学研究科
【後援】名古屋港管理組合