スタッフブログ
2017.04.29

オビテンスモドキの眠り方

現在、南館1階赤道の海ではこどもの日の期間限定展示としてオビテンスモドキの幼魚を展示しています。オビテンスモドキは成長の過程で模様が大きく変化する魚です。

 

見た目以外にもサンゴのかけらを集めて寝床を作り、そこで眠る魚としても知られています。

ゴールデンウィーク期間は午後8時まで開館していますのでもしかしたら眠る瞬間がみられるかも知れません。その瞬間をぜひ目撃してくださいね。