研究・繁殖・環境
発行物
2021.10.21

新着! 海の生き物レターを発行しました(更新日:2021.10.21)

【最新号】名古屋港水族館初!アオウミガメ繁殖成功

2021年9月25日~27日。名古屋港水族館で初めてとなるアオウミガメの赤ちゃんが誕生しました。

産卵は2003年にもありましたが、その時は無精卵でした。長年の挑戦が実を結び、職員一同喜んでいます。今年は7月から8月にかけて計4回364個の産卵がありましたが、名古屋港水族館ではそのうちの10卵から6匹の子ガメをかえしました。残りの卵は大学などの機関に譲渡し、研究に役立ててもらっています。ウミガメの進化の謎の解明に役立つことを期待しています。

子ガメが卵の殻を破った瞬間
通常ウミガメの卵は砂の中でふ化しますが、今回は、ふ卵器を使って卵をかえしました。種類による、子ガメの比較
比べてみると体色が大きく違います。成長や行動に差があるか観察していきたいと思います。

アオウミガメ繁殖【PDF】

生き物レターとは…
約500種50,000匹の生き物を飼育する名古屋港水族館では、日々、命のドラマが繰り広げられています。生き物レターは、生き物たちから得た情報や感動を多くの方に伝えるため、飼育員が自ら執筆・編集しています。
名古屋港水族館の生き物を中心としたタイムリーな情報を随時お届けいたします!

バックナンバー

ハッピー4歳【PDF】

誕生!繁殖2世代目のアカウミガメ【PDF】

初産卵!水族館生まれのアカウミガメ【PDF】

都会に現れるイルカ 名古屋港のスナメリ調査【PDF】

ペンギンの繁殖シーズン来る!今季の新たな試み【PDF】

4年ぶりに搬入!幻の魚「スマ」【PDF】