FacebookFacebook
文字サイズ

名古屋港水族館公式ホームページの「南極観測船ふじ」ページです。

南極観測船ふじ

南極観測船ふじって
こんなところ

名古屋港ガーデンふ頭でひときわ存在感を放つ船といえば、
全長100mのオレンジ色の南極観測船ふじです。ふじは1965年(昭和40年)から
18年間活躍した2代目の南極観測船で、本格的な砕氷艦としては日本で最初の船です。
現在では、ここガーデンふ頭に船まるごとが展示されています。公開されている船内には、
操縦室や医務室、乗組員たちのプライベートな空間であった居室など、
当時の姿がそのまま残されているため、南極への旅を擬似体験することができます。
ヘリコプター格納庫を改装してつくられた展示室「南極の博物館」では、南極の美しさ、
これまでの南極観測の歴史や成果などを知ることができます。南極大陸を目指して
氷海を進んだ乗組員たちのロマンをぜひ、南極観測船ふじで感じてみてください。

施設紹介

マネキン人形で再現した当時の姿

マネキン人形で再現した
当時の姿

入口で乗船券を受け取って入場すると、まずは当時食堂だった場所で導入映像「ふじが果たした役割」がご覧になれます。その後、第二電信室やレーダー室、士官寝室、医務室、理髪室、庶務室、先任海曹寝室、第二居住区、観測隊員寝室等を見学することができ、まるで当時の船内にタイムスリップしたような感覚になることができます。臨場感たっぷりに再現するために随所に置かれたマネキン人形に思わずびっくりすることもあるのでご注意ください!

Point

  • マネキン人形により再現された各部屋の様子
  • 通路に飾られた記念の楯
  • 消火設備や救命用具

南極へ行くために欠かせない「電気推進方式エンジン」

南極へ行くために欠かせない
「電気推進方式エンジン」

南極へたどり着くためには、とにかく氷を砕いて進むことが何よりも重要です。初代の南極観測船「宗谷」は戦前の船を改造したため、既存の一般的なディーゼルエンジンのままでしたが、ふじは南極観測のために新しく造られた船であるため、「直流ディーゼル電気推進方式エンジン」を採用しました。これは、ディーゼルエンジンで発電し、電気の力でスクリューを回すというもので、氷が厚くて割れないときは、200mくらい後退した後に最大馬力で前進し、氷に体当たりしながら氷に乗り上げ、艦の自重で氷を砕く「チャージング」航法で進みます(現在はラミング航法と呼ばれています)。この電気推進方式は、前進・後進を何度も繰り返す船の運航にとっても向いたものでした。

Point

  • ガラス越しに見学できるエンジンの一部
  • CG映像による砕氷の仕組み

何のために南極を調べているの?
「南極の博物館」

何のために南極を調べて
いるの?「南極の博物館」

展示室「南極の博物館」では、南極観測の歴史や南極での研究成果を、実物展示をはじめ模型やはく製、写真や映像を使って紹介しています。ふじの時代に、日本の観測隊は世界で初めて南極隕石やオゾンホールを発見しました。また「ロケット観測によるオーロラ発生の仕組み」「南極の氷と温室効果ガスの関係」など、地球規模の研究が南極観測によって行われているのです。
正面・両側面・床面の4面大型スクリーンによる「極感ドラマチックシアター」では、ふじに乗り、南極大陸を航行する様子を疑似体験できます(船酔いに注意!)。

Point

  • 迫力満載の極感ドラマチックシアター
  • 実際に使用された雪上車
  • 南極を目指した冒険家たちの歴史

操縦士の気分を味わえる
「航行ブリッジ(操舵室)」

操縦士の気分を味わえる
「航行ブリッジ(操舵室)」

3階に上がると、総航行距離680,000km(地球17周分)の航海を支えたブリッジをご覧いただけます。操縦ハンドルはもちろん、位置確認レーダーや、船外確認の監視用モニター、他の乗組員と連絡を取るために使用された伝声管など、船の世界を疑似体験することができます。

Point

  • 操縦に使われていたハンドル
  • 号令の内容と速力を示す表
  • 上階の露天艦橋とつながっている伝声管

貴重な映像がたくさん!
「ふじライブラリー」

貴重な映像がたくさん!
「ふじライブラリー」

旧士官室サロンにある「ふじライブラリー」は、ふじが現役で活躍している頃や、タロとジロが発見された当時の映像等を見ることができる映像ライブラリーです。またQ&Aコーナーもあり、より詳しく南極について調べることができます。

ふじの前でタロとジロが出迎えるふじの広場

ふじの前でタロとジロが出迎える
ふじの広場

見下ろすと南極大陸を形どっていることがわかる「ふじの広場」には、ふじが実際に使用していたプロペラや主軸、雪上車が展示されています。そのほか、第1次南極観測越冬隊のそり犬として活躍した後、第2次隊のときに南極に取り残されながらも1年間生き延びて翌年の第3次隊に救出されたことで有名となった「タロ」と「ジロ」の銅像が建てられています。

Point

  • 南極大陸を形どった広場
  • 南極観測船ふじの航海を支えたプロペラ
  • 南極で1年間生き延びたタロとジロ

モバイル解説

ふじのことをもっと知りたい方には、モバイル解説がおすすめです。展示物のキャプションについている番号を選択するだけで、詳しいガイドを見ながら見学できます。英語版も選択できます。

モバイル解説
船内の詳しい説明を
見てみよう!

営業案内

入場料金

入場料と団体のご利用については、こちらをご覧ください。

交通アクセス

アクセスについてはこちらをご覧ください。

南極観測船ふじのお問い合わせ先

公益財団法人名古屋みなと振興財団
事業部 管理第2課

所在地:〒455-0033 
名古屋市港区港町1番9号
TEL:052-652-1111(毎週月曜日を除く、9:30から17:00まで)
FAX:052-661-8646

緊急情報

水族館 7月13日(月)から入館に事前予約が必要となります!
・事前予約は入館予定日1週間前から可能です。
・7月12日(日)まで混雑状況により、入館制限を行う場合があります。

名古屋港水族館、クラウドファンディングはじめました
水族館の生き物を支えるご支援を!

水族館・ポートビル・ふじ・JETTY
新型コロナウイルス対策として、入場時の検温(37.5度以上の方の入館お断り)、マスク着用などをお願いしています。詳しくは各施設の新型コロナウイルス対策をご覧ください。