スタッフブログ
2024.01.27

臨時休館中は何しているの? ~イルカの飼育係編(後編)~

ひとつ前のブログでもご紹介しましたが、名古屋港水族館は1月15日(月)~1月19日(金)まで臨時休館日でした。

「休館日は水族館の飼育係は暇に違いない…。」と思ったあなた!
そんなことは全くありません!!!
むしろ休館日の方が、開館日には時間が取れず出来ないような仕事が盛り沢山。
とっても大忙しなんです…。

先日のブログでは主に室内の大掃除の様子をお伝えしましたが、休館日にはそれ以外にもたくさんの作業が詰まっています。

こちらの写真をご覧ください。
いつもと何かが違うのですが、分かりますか…?

いつものトレーニングの様子
↑いつもの様子

臨時休館中のトレーニングの様子
↑臨時休館日の様子

よーく見ると…プールの水位(プール表面の水の高さ)が違いますよね!

実は臨時休館日は、プールサイドの塗装を綺麗に塗りなおしたり、新たな設備をつけるために工事したりするんです。その際に、プールサイドを事前に乾かしておく必要があり、水位を下げて作業します。
ちなみに飼育係はイルカとの距離が遠く感じ違和感があるのですが、イルカたちは普段通りでした!

こちらはプールのサイドに設置物のペンキの塗り直しをしています。
この様に、飼育係の仕事は多岐にわたります…。

ペンキを塗りなおしている飼育係

他にも、飼育係全員が集まりこの1年にあった研究成果報告や勉強会を行いました。

勉強会の様子

日々の作業に追われがちですが、こういった時間を利用して勉強したり、みんなで知識を共有したりすることもとても重要ですよね。

さあ、そんなこんなで5日間もあった臨時休館日はあっという間に過ぎ去っていきました。

前よりも綺麗になった水族館で、皆さんのお越しをお待ちしております!