スタッフブログ
2023.10.19

イルカたちのエサについて熱く語らせてもらいます☆ vol.1

今年は暑い日が長く続きましたが、やっと肌寒い季節になってきましたね!🍁

みなさんは秋といえば何を想像しますか?
食いしん坊な私は、問答無用で食欲の秋を想像します!!🤤
というわけで今回はこの時期にピッタリな!!イルカの餌についてお話していこうと思います🐟
いろいろな工程を経て、実際に餌がイルカたちへ届けられるのですが、今回は餌の保管方法を主に紹介します!

まずはこちら!

餌を保管している冷凍庫

これは冷凍庫です!この大きな冷凍庫で1週間分ほどの餌を冷凍保管しています。

そして、翌日に使う分だけの餌を冷凍庫から冷蔵庫へと移動させます。
このように飼育係がひとつずつ運んでいます。
餌は一袋10~20㎏あるので、毎日筋トレをしている感覚ですよ!上腕二頭筋が鍛えられます💪
慣れないうちは運ぶのに時間がかかったり、上手く持ち上げられなかったりでなかなかの重労働ですが、
慣れてくると筋肉もついてくるのか!?コツもつかみ、小柄な女子たちも難なく業務をこなします。
ちなみに、こちらは餌移動の筋トレ歴約20年以上でムキムキになった飼育係です✨
スピードも速く華麗な運び方☺

筋肉ムキムキになった飼育係

当館のバンドウイルカは1日に13㎏ほど、小柄なカマイルカでも10㎏ほどの餌を食べています。バンドウイルカ16頭とカマイルカ2頭を飼育しているので、1日に出庫する餌の量はなんと約250㎏!

餌を移動する前と後(左)Before / (右)After

餌の移動が完了したら一晩ゆっくりと解凍し、翌朝には魚が半解凍の状態になるようにしています。
他にも餌が完成するまでに色々なことをしているので、これから少しずつ紹介していきますね☺