名古屋港水族館公式ホームページの「海の仲間たち」ページです。

文字
サイズ

海の仲間たち

南館

日本の海【トビハゼ】

学名 Periopthalmus modestus
英名 Mudskipper

水中よりも泥の上で多くの時間を過ごす

泥底の干潟が発達した河口域に生息します。春から秋の活動期には、水の中に入ることはほとんど無く、泥上で過ごします。干潟の泥上を飛び跳ねている様子は、魚というよりむしろ爬虫類のようです。

一方、秋から冬の休止期には泥の中に巣穴を作り越冬します。東京湾から沖縄の島々に分布しますが、開発による干潟の減少とともに生息場所が少なくなっています。

名古屋港水族館では、名古屋港内を含む近郊の干潟で採集した個体を展示しています。

 

※ご来館時に展示していない場合もあります

緊急情報

水族館 7月13日(月)から入館に事前予約が必要となります!
・事前予約は入館予定日1週間前から可能です。
・7月12日(日)まで混雑状況により、入館制限を行う場合があります。

名古屋港水族館、クラウドファンディングはじめました
水族館の生き物を支えるご支援を!

水族館・ポートビル・ふじ・JETTY
新型コロナウイルス対策として、入場時の検温(37.5度以上の方の入館お断り)、マスク着用などをお願いしています。詳しくは各施設の新型コロナウイルス対策をご覧ください。