名古屋港水族館公式ホームページの「海の仲間たち」ページです。

文字
サイズ

海の仲間たち

南館

赤道の海【シノノメサカタザメ】

学名 Rhina ancylostoma
英名 Bowmouth guitarfish

名古屋港水族館最大の魚

インド洋および太平洋の熱帯域に生息しています。見た目や泳ぎ方はサメのようであり、実際に“サメ”と名前がついていますが、本当はエイの仲間です。サメとエイの違いは鰓(えら)孔の位置で、サメであれば体の側面にありますが、エイの場合は体の下側、つまりお腹側にあります。サンゴ礁大水槽のアクリルトンネルから見上げると、シノノメサカタザメをお腹側から観察することができます。もちろん5本ある鰓孔も確認できます。名古屋港水族館で最大の魚で、体長220cm・体重は130kg以上もあります。毎日イカや魚のアジを2kg与えていますが、あっと言う間に食べ尽くしてしまいます。

 

※ご来館時に展示していない場合もあります。

緊急情報

 

8月11日(木・祝)~8月16日(火)のお盆期間中、9:00~17:00までに水族館へ入館される場合は予約が必要です。

チケット購入サイト(asoview!)より、前売りチケットもしくは日付指定無料整理券をお求めください。

※利用施設・年間パスポートの有無・割引の利用の有無などにより、取得もしくは購入いただくチケットの券種が異なります。詳細はこちらをご覧ください。