©2024 All Rights Reserved. Nagoya Port Foundation

スタッフコラム COLUMN

2024.03.19 その他

シャチはシャチでも…

シャチはシャチでも…今日は「金鯱」を紹介します。

「金鯱」とは、金色に装飾を施した鯱のことです。
名古屋では名古屋城の天守閣に飾られています。
そもそも「しゃちほこ」は、建物が火事になると口から水を出し、消してくれると言われています。

名古屋港水族館では、実際に口から水をだし、皆様の役に立つ「金鯱」がいるんですよ!!

名古屋港水族館の「金鯱」はしおかぜ広場にいます。
こちらがしおかぜ広場です。

こちらの広場には、ケープペンギンを展示しています。

近くでペンギンがみえるのでオススメです。

どんどん広場の奥に行くと…いました!!

こちらが名古屋港水族館の「金鯱」です。

口の中を見てみると…

黒いボタンがありますね。

押すと、水が出ます!!

なんと、こちらは名古屋の「日本一安心・安全でおいしい水道水」が飲める冷水機なんです。
10度以下に冷やされたおいしい水が飲めます。
ボトルやカップをお持ちでない方は、名古屋港水族館のミュージアムショップで発売しています。

ちなみに私(一番右)が持っているボトルはシャチのリンがモチーフとなっています♡
ぜひ、水族館に来た際は、「しおかぜ金鯱水」(しおかぜきんこすい)もチェックしてみてくださいね!!

※金鯱水(きんこすい):名古屋市上下水道局が名古屋の「日本一安心・安全でおいしい水」を飲んでいただく機会を増やすため、「常設型金鯱水」の設置を進めています。

マイボトルを使用することで、ペットボトルなどの使い捨てプラスチック容器の削減効果があり、環境にやさしい冷水機としても期待されています。設置場所に合わせたデザインになっていて、名古屋港水族館の「しおかぜ金鯱水」は名古屋港水族館(海)がイメージされています。

飼育展示2課 松本智美